ブログパーツ

弁理士試験、受験生、知的財産管理技能士、知財検定、知的財産、弁理士、特許、商標、意匠、実用新案、著作権、不正競争防止法に関する情報の提供
カテゴリー  [ 平成26年(2014年)弁理士試験論文試験解説<LEC動画付き> ]
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

平成26年(2014年)弁理士試験論文試験解説<LEC動画付き>

h26ronkaisetu.png
平成26年(2014年)弁理士試験論文試験解説<LEC動画付き>

こんにちは、元弁理士受験生のパテ二重丸です。
今年の論文試験を解いてみました。
結論的には簡単?だったと思います。
なぜかというと、過去問や答練の似たような問題ばかりだからです。
ではそれぞれ見ていきましょう。

法律改正

今回ちょっと自信ない人は、 残念ながら来年の大改正に対応した勉強をしなければなりません。 でもしっぱりしないためにも、 いまからしっかり対策を練って勉強しましょう。 もし予備校に通う人は 法改正がしかり対応した講座を受講しないと意味がないですからね。 パテ二重丸が23年法改正があたっときに受講したのはこちらの講座です。 →法改正対策講座

●特許→作成中

●意匠

▲全体講評 趣旨問題が問われなくなりましたね。 2、3年前では、オール一行問題という時代に復活した! と思えば、今度はまた事例問題、事案整理問題でしたか。 どうして、意匠はこう問題傾向がころころ変わるのでしょうか。 はっきりいって、意匠法の勉強時間の大半を、 趣旨暗記に費やした人もいると思います。 それが、たまたま答練で同じような問題を解いたことがあって、 たまたまできた人に劣るのでは、かわいそうな気がします。 趣旨等を全く暗記せずに、合格点をゲットできるわけですから。 やっぱり、趣旨と事例問題がバランス良く出題された問題のほうが 良いと思うのですが。 さて、来年は、オール趣旨問題ですか!?それとも、バランス問題? オール事例問題!?受験生を苦しめますね。 ▲設問Ⅰ 設問Ⅰの(1)は、創作者、関連意匠、 新規性喪失例外、を丁寧に項目を挙げて、 記載するだけ。 特に難しいことはない。 基本的な問題を問うて、ちゃんと整理すれば、OKだろう。 気になるのは、予備校で解答で、 3条2項があると書いているが、 これはどうだろうか? 結論はたぶんあるでいいと思うのだが、 審査基準上はどれに当たるのだろう? より特許の進歩性のように、 簡単に創作できるから(微細な変更等)、とかいう理由では、 適用されないように思うのだが。 微細な変更だとすると、そもそも類似が適用されるだろうし。 やっぱり、2つの公知形態を置換したり、組み合わせたりするもの、 審査基準の例示に似たような事案じゃないと、 3条2項はありえないとおもうのだが。 かといって、自分が受験生だと、 怖くて、堂々と3条2項は適用されない、 などとかけないので、書くと思いますが。。。 ▲設問Ⅱ 設問(1)では、意匠権の移転の特例(26条の2)や、 通常の意匠権の移転(準特98条1項1号)がメインテーマでした。 また、(2)では、意匠法26条の2第2項を理解しているか否かの問題です。 原則と例外とを整理して書くだけなので、特段難しいことはありませんね。 ・できなかった人の対策: 設問Ⅱの問題は、とても簡単だったと思います。 去年のLECの答練でも、同じような問題が出題されていましたので、 時間配分や記載量に注意しながら、やれば答練でやっていたことを そのまま書き写すだけで解答できたのではないでしょうか。 まとめると、このようなワンパターン問題は、新作問題だといっても、 予備校で既に出題済みなので、答練を積極的に活用すれば、 解けるようになります。

●商標

▲全体講評 とてもバランスがいい問題だと思う。 趣旨と事例問題が出題され、受験生の実力をはかるのに、 ちょうどいい。 趣旨は、マニアックな趣旨ではなく、商標法の基本を問うていると思う。 パテ二重丸が属していたゼミでも、 これと全く同じ問題が出題されていたので、 ゼミや答練を受けている人は、 この手の趣旨はほぼ完璧に書けたのではないだろか? また、ゼミ等に属して無くても、 青本のタイトルを見て重要そうなところをチェックして、 暗記している人でも、登録主義のところは必ずチェックする 重要事項なので、できて当たり前、できなくて足きりて感じだろうか? 設問Ⅱも事例問題もすばらしく、いい問題。 というか、過去問完璧マスターすれば、特に難しくないだろう。 配点については、設問Ⅰの(1)が20点(2)が20点くらいかな? 設問Ⅱの(1)が30点、(2)が30点かな? ▲設問Ⅰ 設問Ⅰ(1)は青本3条が出典でしょうが、 そのまま写すとえらいことになるんで、 問題文に「簡潔に」とありますので、 まとめて書けたどうかも大事だと思います。 この手の問題は、キーワードを暗記して、 文章化できるようにしておくか、 予備校のレジュメを丸暗記するかでしょうね。 (2)は、青本の「企業努力によって蓄積された信用を既得権として保護」 がキーワードでしょうね。また、もう一つ書いているのが、 「過誤登録に対する救済規定」ですが、どちらかというと、 前者のほうが、問題文の登録主義との関係において、 という文面に合致すると思いますが、 怪しいときは、両方書いてもいいのではないでしょうか。 ▲設問Ⅱ(1) (1)では、4条1項11号の要件を丁寧にあてはめることは必要だと思います。 おそらく実務やってる人は、商標と商品の類否判断はすごく丁寧にやるのに、 あとの要件はすっ飛ばしたとか、これ受験では絶対だめですよ! どうせ「スーパーアマロ」と「AMALO」は、 商標審査基準のスーパーライオンとライオンのやつなんだから、 結論は類似にしておいて、 あとは形容詞的文字とか識別力がないとか、要部とか、書いて、称呼類似で 商標は類似でOKですよ。 大事なのは、その他の要件ももれなく記載したかでしょうか。 「他人」と「先願先登録」ですよね。基本を忘れないでください。 ▲設問Ⅱ(2) 設問(2)についても、過去問とほぼ同じワンパターン。 類似する先願を消して、登録に導くパターン。 大項目として、無効審判、不使用取消審判、不正使用取消審判、 があるだろう。 これをすべて列挙できなとちょっと痛いかもしれません。 良くこの大項目を落とす人には、ワンポイントアドバイス。 項目ってのは、有限なので、全部暗記しておいて、 答案の構成のときに、全部書いておいて、 事例に合わせて、二重線で消去する消去法がおすすめです。 そうすれば、あるか無いかの微妙なやつは残り、確実にないやつは 記載しないので、漏れることがありません。 今回もそのパターンでOkです。 また、不登録事由についても、8号、15号、19号の無効理由は 普段、答練で練習すれば、列挙できたのではないでしょか。 ここで、一番落としそうな条文として8号でしょうか? 15号、19号は問題文に「著名」とあるだけで、ピン!とくるでしょうか。 8号は、問題文の「略称」が著名であるというところで、 読まなければなりませんでの、うっかりしているとごっそり落としそうですね。 答練で慣れている人は、問題なくできますよ。


応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

カウンター
2014年
2015年口述試験まで!
2015年短答試験まで!
2015年論文試験まで!
【平成25年度弁理士試験】
平成25年度弁理士試験論文試験
お問い合わせはコチラ‎
【選択科目対策】
プロフィール

パテ二重丸

Author:パテ二重丸
受験生ブログの中でもNO.1のアクセス数がある『知財の中の弁理士』を運営するパテ二重丸です。ブログ村の弁理士試験ランキングでもほぼ1位を獲得。公式メルマガは、受験生の中で購読者NO.1。現役弁理士受験生しか発信できない情報を更新中!

QR
<お問い合わせ>
に、相談、質問等のお問い合わせは、 こちらまで
↓↓↓↓↓
【お問い合わせ】
お問い合わせはコチラ‎ おすすめ‎
<管理>
・ブログ/
・ツイッター
・メルマガ

<保有資格>
・2級知的財産管理技能士
・上級・ビジネス著作権検定
・弁理士(予定)

<弁理士試験の成績>
●2010年
・短  答:不合格(36点)
・論文必須:―
・論文選択:―
●2011年
・短  答:合格(49点)
・論文必須:AFB
・論文選択:合格(著作権法)
●2012年
・短  答:免除
・論文必須:AEB
・論文選択:免除
●2013年
・短  答:免除
・論文必須:合格
・論文選択:免除
・口述試験:合格
 
■2013年向け論文実戦力コース

■口述特訓道場

■1年合格ベーシックコース
(初級者)


■短答実戦力コース
twitter
Social Icon ブログパーツ
最新記事
検索フォーム
無料動画
人気ブログ記事ランキング
リンク集

★予備校サイト★

★会派★

★受験サイト★

★リンク歓迎★
※「知財の中の弁理士」は、どのページへのリンクも大歓迎です。
気に入って頂けたページにご自由にリンクして下さい。
また、リンクに際し、「パテ二重丸」の了解をとる必要は一切ありません。
お気軽にどうぞ。
判例集
■知的財産法判例教室
正林 真之 (監修)

弁理士受験生ならまず持っている判例集。
弁理士試験の判例対策ならこれ1冊でOK
弁理士試験|勉強法
■弁理士試験への招待

■合格一直線

■弁理士合格者に学ぶ勉強法
納冨美和(監修)

【2014年】
勉強ツール
ブドウ糖は脳への栄養源です!試験前に補修!点数アップ!
★論文試験と同一形式の解答用紙★
★レジュメをバインダーに綴じよう★
★論文用万年筆★