ブログパーツ

弁理士試験、受験生、知的財産管理技能士、知財検定、知的財産、弁理士、特許、商標、意匠、実用新案、著作権、不正競争防止法に関する情報の提供
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

短答試験に「科目別足切り制度の導入」!?

弁理士受験性のパテ二重丸です。

LEC売り上げランキング2位の講座です。

個数問題 徹底攻略講座


なぜ売れているか?

理由がわかりました。

今年で弁理士受験を終わらせないとやばいかもしれません。。。

今年の短答試験は、みなさんご存知のとおり、

短答試験の合格最低点が、36点から39点になりました。

とまー短答試験を受験生される人は、相当焦っています。

ところが!!!

もっと最悪なことなろうとしています。


それは、弁理士法が改正され、

短答試験んがもっともとーーーと難しくなるからです。

これは確定ではありませんが、

弁理士が増えすぎて、給料が減っているので、弁理士を減らしたがっています。

そんでもって、目をつけられているのが、短答試験!!!!!!

なんと、短答試験に「科目別足切り制度の導入」が検討されている!!!!!!

もう一回いいます。

短答試験に「科目別足切り制度の導入」が検討されている!!!

しかも、出題問題数を増やしたがっている。

3時間半の試験を、5時間ぐらいにしたがっている!!!!

36点から39点にアップしたことより、

「科目別足切り制度の導入」「5時間試験」のほうがはるかに、大変。。。。

これは、短答試験を受験する皆さん、今年!!!!
今年気合いです!!!

パテ二重丸でした。

追伸1:


僕が短答試験を勉強していて、

49点とったときに使ってたツールを無料配布することを検討しています。

僕のブログを見てくれている人へ感謝の気持ちです。

内容は、条約の問題で満点を取ったときに使っていたアイテムです。


追伸2:



LECも短答試験の難化に警戒しているのか、短答講座がほいほいできますね。


個数問題 徹底攻略講座







詳細こちら








応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

[ 2013/03/20 18:58 ] 短答試験 | TB(0) | CM(0)
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

短答試験を高得点で合格方法5

短答試験を高得点で合格方法5

こんばんは、弁理士受験生のパテ二重丸です。

短答試験49点だったと告知したとたん、短答の担当先生になりました笑

短答よりも選択科目の著作権のほうが、得意だったんですけど。

必須科目終わってから、選択科目試験日までの期間で選択合格しちゃったんですから。。。

このテクニックも後日じっくりレポートします。


Kさんからご質問がありました。

以下、回答です。


「ブログやメールを読ませていただき、勉強方法を参考にさせていただいています。」
→ありがとうございます!!

「ところで、資格に合格するノウハウ本に記載があったのですが、過去問のすべての枝を正解枝にして、間違えている箇所を赤ペンで修正したのを書き込んで、赤いシートで覆って、何度も過去問集を読む。それも高速で何度も読む。というやり方が紹介されていました。このやり方は、弁理士試験ではないのですが、同じことをやっても39の壁は越えられると思いますか?」

→結論として、上記方法で39点の壁を越えられるかというと、微妙だと思います。
 理由は以下通りです。

 まず、このやり方は間違っていないと思います。
 弁理士試験を含む国家試験は過去問をマスターすることがもっとも合格への近道だと思います。
 しかし、過去問で出題された問題に対しては、このやり方で対処できると思いますが、過去問で出題されていない問題に対しては、このやり方では対処できないと思います。
 このため、今年の本試験の問題が、過去問からどの程度出題されるかによると思います。
 ゆえに、微妙だと思います。
 
 私が大事だと思うことは、過去問で出題された問題を繰り返すということと、出題された条文、判例、審査基準、趣旨等を繰り返すことだと思います。
 短答試験の問題は毎年修正されますが、条文等は毎年修正されません。
 また、過去問は、改正法には対応していません。
 そうすると、「過去問」+「条文等」をやるのが39点の壁を超えるコツだと思います。
 
 結局のところ短答試験は、条文等の理解や、条文の要件・効果を訊く問題が多数出題されます。このため、短答試験の問題を作るネタとなっている条文等を無視する訳にはいかないと思います。

 なお、条文等だけやってもだめです。理由は、問い方になれる必要があるからです。問い方になれないと、どの条文の何が訊かれているかわからないですもんね。
 
 以上により、上記結論となります。
 
 

 条文等の勉強法は過去の記事を参考にしてください
 
 
 また、なにかありましたら、ご相談ください。
 

そういえば、前回いってたこれ、購入しました。。。。

ボーナスどかーん、もらう前にして、使い道が決められているって悲しいよね。。。

改正問題攻略講座





応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

[ 2013/03/12 19:40 ] 短答試験 | TB(0) | CM(0)
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

論文がやばい!および短答試験を高得点で合格方法4

弁理士受験生のパテ二重丸です。

先週から、短答実戦答練(LEC)の講座が始まりました。

短答受験生は、短答一色の時期になったのではないでしょうか。

論文受験生も、そろそろ焦らないとダメです。

各予備校が論文試験の予定表を発表しました。

近年、短答免除組がが多数でたたため、論文試験対策の講座には申し込み殺到。

席確保できず。。。。

という状態にあります。

去年かな、座れなくて、担当者に文句言ってた、おじさんがいたような。。。

梅○校ですが。。。

スケジュールを調整して、エンジンかけていきましょう!

僕もがんばろう!

さて、本題です。

■合格レベルに達しているかどうかは、解答スピードに表れる。
 平成23年に49点で短答試験に合格した僕の経験です。
 短答合格レベルに達している者は、解答スピードが桁違い速いと思います。
 短答本試験は、3時間30分ありますが、少なくとも、
3時間ですべて解答できるスピードがあったほうが良いと思います。
 しかも、適当にやってそのスピードではなくて、ちゃんと考えてそのスピードです。
 実際に、僕は短答試験のときに、30分ぐらい時間が余りました。
 また、その年のTACの短答模試に関しては、2時間で解答できるようになっていました。
 そのときの成績は、A判定で47点ぐらい?だったと思います。
 LECの模試も当然A判定でした。

● スピードがつくとはどういうことか
 スピードがつくということは、一瞬で問題の正誤が判定できる、ということです。
 これができるのは、要件効果、ポイント(エッセンス)が頭に入っているからです。
 う~~~ん、この条文の要件は、これと、あれと、それと。。。。 
 例外はあったかな???
 カッコ書きはあったかな。。。
 とか考えているレベルでは、ダメです。
 問題文を読んだ瞬間に、この枝は、例外を訊いているな!
 この枝は、カッコ書きだな。
 この枝は、要件が一個足りないぞ。
 などなど。
 このレベルまで達すると、ホントに楽です。
 
●スピードがつくと余裕がうまれる
 暗記系の問題に対して即解答できるため、29条の2や41条絡みの難しい問題について、時間をいっぱいかけられます。問題文に時系列を書いて落ち着いて解答できます。
 そうすると、ケアレスミス等は減少し、難しい事例問題も難なく解答できます。

● スピードをつける方法
 前回も紹介した方法で、要件効果、エッセンス等をひたすら暗記してください。
 そうすれば、スピードはつきます。
 
●論文でもつかえる。
 また、論文試験でも、この能力は活かされます。
 というのは、答案構成の時に、一瞬で書くべき内容の判断が付くからです。
 条文を参照しなくても、短答試験と同じで答えがでてしまうのです。
 暗記は弁理士試験で必須ですね。

パテ二重丸でした。


コンテンツA


コンテンツB
 


応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

[ 2013/02/27 12:27 ] 短答試験 | TB(0) | CM(0)
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

短答試験を高得点で合格法する方法3


短答試験の勉強はいつやるか?

いまでしょ!!!!!

流行り物が大好きな、弁理士受験生のパテ二重丸です。


あのCMのまねをしてみました。


さて、本日も、短答対策の特集です。

以下の内容に、ご質問ご感想があれば、お問い合わせから、どうぞ!


その他のなんでも受け付けます!

ではいきましょう。

■短答試験の対策の時期はいつからがベストか?

 僕と、僕の知人(2名)の例から、

短答試験対策の時期はいつからがベストなのかを検討してまします。


 なお、以下の提案する時期が、すべの人に該当するとは限りません。

各事情により、勉強時間が全くとれない方もいらっしゃると思いますので、

以下の内容はある程度勉強時間を確保できることが前提として、記載します。ご了承ください。

 ・基本知識が入っている人 (僕の例)
 ・一度短答試験に合格した人(知人Aさんの例)
 ・初学者         (知人Bさんの例)


●基本知識が入っている人 (僕の例)
 
3月からでも間に合います。

 基本知識(入門講座レベル)が頭に入っていることが前提ですが、

短答試験の対策は3月から初めても間に合います。

 僕が短答試験に合格したときのことですが、短答対策を始めたのが、

LECの短答実戦答練が1回か2回ぐらい終了した時点からはじめたと思います。

 そこから、過去問や短答実戦答練をこなしていって、LECの短答模試のときには、

A判定がでる程のレベルに達していたと思います。

 それまでの、短答実戦答練は、すごく点数が悪かったです。

 確か、30/60とかそのぐらいだったと思います。

 短答実戦答練を受講していた期間は、問題をちゃんと復習して、

過去問を徹底的に潰しました。

 そして、短答模試の時期になると、過去問は3回ぐらい回して、

あとは解けない枝のみをひたすら回すだけになっていました。

 最初から高得点をとれてたわけではありません。

●一度短答試験に合格した人(知人Aさんの例)

 一度短答試験に合格したことがある方(三振者)なら、

4月ぐらいから、短答試験に専念しても間に合うと思います。

 一度短答試験に合格すると、2回目の短答試験は楽に合格できるみたいです。

 私の知り合いに三振者がいるのですが、4月までは論文対策に専念し、

4月からは短答試験の勉強に専念して、本試験(短答試験)で51点を獲得した人がいました。

 その人がいうには、短答試験は出題されるポイントが決まっているので、

そのポイントを過去問を使って見つけて、ひたすら暗記に時間をかける、という方法でした。

 その人の暗記ツールは、「四法対照」を使用していました。

「四法対照」に「青本(産業財産権逐条解説)」)や

過去問で出題された内容などを書き込んでいき、暗記するというものです。

 また、その人がいうには、現在の短答免除制度がない時代は、

毎回短答試験を受験しなければなりませんでしたが、一度短答試験に合格した人であれば、

早くから短答対策をすることなく、ぎりぎりに短答対策をしても間に合うといわれていたそうです。

 4月ぐらいまで論文対策をしていた人もいるみたいです。
 
●初学者(知人Bさんの例)

 初学者であれば、予備校の秋入学生から勉強を初めても間に合うかもしれません。

 論文対策はほったらかして、短答対策だけするのであれば、秋からでも間に合います。

 知り合いに、秋から初めて、短答本試験では、

46点ぐらい?(だったと思います)で合格した人がいました。

 その人は、暗記がめちゃくちゃとくいでした。

 暗記すべき内容を教えると、明日には全部覚えてくる人でした。

 そして、集中力がすごかったです!

 休みの日は、15時間ぐらいしていたと言っていました。

 働きながらでも、勉強時間を確保できる人は、短期間で高得点をとれるみたいですね。

 ちなみに、その人の暗記ツールは、「四法対照」と「予備校テキスト」を使用していました。

 過去問をひたすらやっていたようです。

●さいごに

 勉強時間が全くとれない方は、上記の例にあてはまらないかもしれませんが、

大事なのは、どれだけ暗記したかと、過去問をこなしたか、だと僕は思います。

 これらを効率よく短期間で達成するためには、予備校に通うなりして、

勉強するのが近道かもしれませんね。
 

■本日紹介したもの
 ・LECの短答公開模試
 ・LECの短答実戦答練
 ・四法対照
 ・過去問
 ・産業財産権法逐条解説






応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

[ 2013/02/22 18:30 ] 短答試験 | TB(0) | CM(0)
<短答試験勝手にボーダー予想企画!!>
2013年度弁理士試験から、短答試験の合格基準点の最低点が、 従来60%(36点)から65%(39点)に引き上げられました。 これは、弁理士試験の難化を表しているといえるでしょう。 また、例年の合格基準点は参考にならず、合格基準点を予想できない状況です。 今年短答試験を受験される方は不安で仕方がないと思います。 そこで、みんなで考える合格基準点を 予想してみよう。お気軽にご投票ください!

■トピックス■ ● 各予備校・開講/開講予定一覧
【2014年短答試験向け】
模試 短答実力診断模試 短答公開模試
答練 短答実戦答練
インプット講座 短答体系別攻略講座 短答実戦力完成講座
短答プロパーコース 下三法対策講座
4時間で理解する平成23年法改正要点ポイント攻略講座 4時間で理解する選択・穴埋め特許法100条から184条

【2013年論文試験向け】
パック パック内容
直前答練レギュラーパック


論文直前答練

論文公開模試
なし

直前構成レギュラーパック
なし
論文公開模試
論文直前構成演習講座
直前フルパック

論文直前答練

論文公開模試
論文直前構成演習講座

直前ライトパック

論文直前答練
※全8回中4回

論文公開模試
※全4回中2回
なし

【2013年論文試験向け】
青本講座
青本等趣旨一行問題征服講座(特・実)


青本等趣旨一行問題征服講座(意・商)
特定分野
条約問題攻略講座

改正問題攻略講座

判例攻略講座

過去問 過去問調整講座(特・実)

過去問調整講座(意・商)

【2013年】口述講座完全まとめ
道場 口述特訓道場
宮口聡の口述ゴロテク道場
納冨美和の口述ヤマ当て道場
直前追い込み 口述直前追い込み講座
模擬口頭試問 口述模擬試験
リアル面接シミュレーション
徹底試問!口述乱取り講座
ピンポイント対策 口述直前条文ローラー講座
口述青本最終習得講座
口述過去問ローラー講座
口述マイナー論点対策講座
口述独自言い回し攻略講座
個別指導 口述6時間マンツーマン必勝講座
その他の講座 口述当日直前最終調整講座
リスニングマスター 口述アドヴァンス
2013年口述対策「はじめの一歩」
2013年口述対策 傾向と対策
口述試験完全合格講座
私の合否を分けた30分

短答試験を高得点で合格法する方法2

■質問内容



今回は、前回とは異なるSさんから、

以下の質問を受けました。

2013年2月11日


「今回のブログを拝見しました。
でも、条文を暗記していないと短答の問題は解けませんよね?
暗記しないでどのように過去問をやっていらしたのですか?
それと、条文のエッセンスを抜き出したノートを暗記するのに作成されたようですが、
条文のエッセンスはどのように見つけたのですか?
過去問で問われた部分のみをピックアップされたのですか?」


以下回答します。

前回読んでない人は

過去の記事

短答試験を高得点で合格法する方法1


■質問1




「でも、条文を暗記していないと短答の問題は解けませんよね?」

●短答試験で求められている暗記度合い



⇒短答の問題は、条文を暗記しないと解けないないです。

これは、ご指摘のとおりです。

すべての条文を一言一句暗記することができれば、

答えを導き出せると思います。

しかし、あの膨大な量をすべて暗記することは、まず困難です。

しかも四法のほかに、条約、不競法および著作など範囲が広すぎます。

ではどの程度暗記すればよいか。

結論として短答試験では、条文のエッセンス(ポイント)を暗記すればいいと思います。

条文のエッセンス、すなわちポイントです。



●試験の種類によって暗記度合いは異なる



短答試験は、条文を一言一句暗記するところまで、求められていません。

正しいか、正しくないか、を導き出せばいいのです。

そのためには、条文を「略語」に置き換えて暗記したっていいのです。

それは、「記号」だったり、「語呂」だったり、「一覧表」だったり、人それぞれです。

これに対し、口述試験では、条文を一言一句暗記させられます。


そして、試験官の前で、法文集を見ずに、一言一句いわなければなりません。


たとえば、以下のような問題が実際に出題されています。



  • 意匠法26条を条文どおりにお答えください(平成22年)。

  • 意匠法5条はどのように規定されていますか(平成22年)

  • 先願主義について、条文に基づいて説明してください。





すなわち、短答レベルでいう条文の暗記は、一言一句暗記し、

それをアウトプットするところまで

求められていないということです。

広く条文をエッセンス、ポイントを理解して暗記しているか。


これが重要だと思います。



■質問2


「暗記しないでどのように過去問をやっていらしたのですか?」


まず100人いたら100通りのやり方があると思います。

なので、「僕」が高得点を取れたやり方を書きます。

このやり方が、すべての人に当てはまるとは限りません。


☆短答過去問のやり方☆


●ステップ1


まず、過去問を解く。

このとき、当然解けるわけありませんので、

今ある知識でわからなければ、すぐに解答を確認します。

問題読む⇒解答を確認する

これを高速でやって下さい。



●ステップ2


該当条文を確認する。

条文の内容を理解していない方は

ここで参考書や予備校テキストを確認して

条文内容を理解してください。


●ステップ3


問われた条文の「エッセンス」、「ポイント」(要件・効果)を抜き出す。

問題が、要件・効果を訊くタイプの問題であれば、

その要件等をすべて抜き出します。



●ステップ4



抜き出したものをノートにまとめる。

私の場合、ノートは手書きではなくて、ワードをまとめていました。

ある程度、まとめが完成したらプリントアウトして持ち運んでいました。

それを移動時間に見たり、過去問を解くときに参照していました。

なので、短答の勉強をするのに、以下のツールを使ってました。


  • 条文、

  • 過去問、

  • テキスト、

  • ノートPC




※条文もネットで確認できるのでいらないかもしれませんね。


ちなみに、まとめ方は人それぞれだと思いますが、

僕は、たとえばいかのようにまとめました。


こんな感じにまとめたものが、全科目、過去問全エッセンス、

まとめました。

僕にはほとんど必要ないので、

希望者にあげようと思うのですが、

H23年改正に未対応なので、


修正してからまたこのブログで案内します。

エッセンス参考2


エッセンス参考




●ステップ5



過去問を解く。

同じポイントだと、ノートをみて暗記していなければ、その場で暗記し、

暗記できていたら、さらっと確認して次の問題をやります。。



●ステップ6



これの繰り返しです。

これを、過去10年分3回やります。

できるだけ、高速でまわすのがいいと思います。

どうしてもできない枝は、3回以上やるとよいかもしれません。


■質問2



「それと、条文のエッセンスを抜き出したノートを暗記するのに作成されたようですが、
条文のエッセンスはどのように見つけたのですか?
過去問で問われた部分のみをピックアップされたのですか?」

過去問で問われた部分は、すべてピックアップします。

これに加えて、問われた条文の他の要件などもピックアップします。

弁理士試験では、条文以外に、審査基準、判例、青本もでます。

なので、これらも出題されたものと、関連するものはすべてピックアップします。


■まとめ


以上を繰り返していると、条文を見るのは、

ほとんど、ノートを作るときに見るだけです。

(条文の前後関係や、全体の流れなどを確認したいときはみますが。。。)



■さいごに



以上の方法論は、僕が高得点を取れたときの方法であって、

それが、すべての人に当てはまるとは限りません。

なので、参考までにとどめておいて、自分にあったやり方を選択されるがいいと思います。


短答試験は、コツをつかめば誰にでも突破できる試験です。

突破できないとき、それはあきらめてしまったときです。

毎日、仕事や家庭があってなかなか勉強時間が取れない方

逆に時間はあるけど、やる気がでない方


いろんな方がいると思いますが


自分が、弁理士になると決めた日のことを思い出してください。

そうすると、あと一問、問題を解くエネルギーになるかもしれませんね。

不明点、質問、勉強方法、テクニック、なんでも

パテ二重丸にお問い合わせください。
→ こちらまで




■関連情報


LEC・2013年短答公開模試
TAC・2013年短答式全国公開模試



■割引クーポン


LECより、割引クーポンがでいます!
申し込みの際は、是非ご利用ください!
以下のリンクからご利用できます。
オンライン本校はこちら



<2月13日(水)~2月15日(金)23:59まで利用可能!>

●25,000円割引eクーポン 
【 XP70767Y59035 】
※1回のお申込金額が9万円以上の場合にご利用可能。

●17,500円割引eクーポン
【 XP70767Y89078 】
※1回のお申込金額が7万円以上の場合にご利用可能。

●10,000円割引eクーポン
【 XP70767Y59355 】
※1回のお申込金額が5万円以上の場合にご利用可能。





応援クリックしていただけると嬉しいです↓
今何位?
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

[ 2013/02/14 18:32 ] 短答試験 | TB(0) | CM(0)
カウンター
2014年
2015年口述試験まで!
2015年短答試験まで!
2015年論文試験まで!
【平成25年度弁理士試験】
平成25年度弁理士試験論文試験
お問い合わせはコチラ‎
【選択科目対策】
プロフィール

パテ二重丸

Author:パテ二重丸
受験生ブログの中でもNO.1のアクセス数がある『知財の中の弁理士』を運営するパテ二重丸です。ブログ村の弁理士試験ランキングでもほぼ1位を獲得。公式メルマガは、受験生の中で購読者NO.1。現役弁理士受験生しか発信できない情報を更新中!

QR
<お問い合わせ>
に、相談、質問等のお問い合わせは、 こちらまで
↓↓↓↓↓
【お問い合わせ】
お問い合わせはコチラ‎ おすすめ‎
<管理>
・ブログ/
・ツイッター
・メルマガ

<保有資格>
・2級知的財産管理技能士
・上級・ビジネス著作権検定
・弁理士(予定)

<弁理士試験の成績>
●2010年
・短  答:不合格(36点)
・論文必須:―
・論文選択:―
●2011年
・短  答:合格(49点)
・論文必須:AFB
・論文選択:合格(著作権法)
●2012年
・短  答:免除
・論文必須:AEB
・論文選択:免除
●2013年
・短  答:免除
・論文必須:合格
・論文選択:免除
・口述試験:合格
 
■2013年向け論文実戦力コース

■口述特訓道場

■1年合格ベーシックコース
(初級者)


■短答実戦力コース
twitter
Social Icon ブログパーツ
最新記事
検索フォーム
無料動画
人気ブログ記事ランキング
リンク集

★予備校サイト★

★会派★

★受験サイト★

★リンク歓迎★
※「知財の中の弁理士」は、どのページへのリンクも大歓迎です。
気に入って頂けたページにご自由にリンクして下さい。
また、リンクに際し、「パテ二重丸」の了解をとる必要は一切ありません。
お気軽にどうぞ。
判例集
■知的財産法判例教室
正林 真之 (監修)

弁理士受験生ならまず持っている判例集。
弁理士試験の判例対策ならこれ1冊でOK
弁理士試験|勉強法
■弁理士試験への招待

■合格一直線

■弁理士合格者に学ぶ勉強法
納冨美和(監修)

【2014年】
勉強ツール
ブドウ糖は脳への栄養源です!試験前に補修!点数アップ!
★論文試験と同一形式の解答用紙★
★レジュメをバインダーに綴じよう★
★論文用万年筆★